【博士論文】学術データベース

博士論文 / Left ventricular end‑diastolic dimension and septal e′ are predictors of cardiac index at rest, while tricuspid annular plane systolic excursion is a predictor of peak oxygen uptake in patients with pulmonary hypertension 肺高血圧症患者において、左室拡張末期径と中隔e′は安静時心係数を予測し、三尖弁輪収縮期移動距離は運動時最高酸素摂取量を予測しうる

著者

書誌事項

タイトル

Left ventricular end‑diastolic dimension and septal e′ are predictors of cardiac index at rest, while tricuspid annular plane systolic excursion is a predictor of peak oxygen uptake in patients with pulmonary hypertension

タイトル別名

肺高血圧症患者において、左室拡張末期径と中隔e′は安静時心係数を予測し、三尖弁輪収縮期移動距離は運動時最高酸素摂取量を予測しうる

著者名

Nakano Yoshihisa

著者名

中野嘉久

学位授与大学

名古屋大学 (大学ID:0043) (CAT機関ID:KI000491)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第7259号

学位授与年月日

2018-10-31

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001085141

NII著者ID(NRID)
  • 8000001210671
  • 8000001210672
本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

博士論文 / 名古屋大学 / 医学

博士論文 / 名古屋大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位