【博士論文】学術データベース

博士論文 / 核オーバーハウザー効果と緩和速度の測定に基づく19F-1H核間距離導出法のイオン液体への応用に関する研究

著者

書誌事項

タイトル

核オーバーハウザー効果と緩和速度の測定に基づく19F-1H核間距離導出法のイオン液体への応用に関する研究

著者名

鄭智海

学位授与大学

電気通信大学 (大学ID:0032) (CAT機関ID:KI000323)

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第942号

学位授与年月日

2018-06-30

注記・抄録

The physical properties of organometallic ionic liquids containing cationic ruthenium sandwich complexes {[Ru(C5H5)(C6H5R)]X; R = OCH(C4H9)2, OCH(C2H5)(C6H13); X = N(SO2CF3)2, N(SO2F)2} are dependent on the substituents. To obtain detailed information about the motional states and configurations of the constituent ions of these ionic liquids, we performed one-dimensional(1D) heteronuclear Overhauser enhancement spectroscopy (HOESY) NMR experiments and the standard relaxation rate (1/T1 and 1/T2) measurements. We determined the intermolecular cross-relaxation rates between some cation blocks and the anion in each ionic liquid by analyzing the experimental data based on the extended Solomon differential equations. As a result, we were able to estimate several intermolecular distances between the cations and anions in the ionic liquids. This is the first time that NMR has been applied to the determination of the intermolecular cross-relaxation rates and the estimation of intermolecular distances of highly viscous ionic liquids consisting of heteronuclear multiple-spin systems without the support of any X-ray data. The viscosities of these ionic liquids depended largely on the motional correlation times of the cations rather than on the intermolecular distances between the cations and anions.本論文は、高粘度かつX線結晶解析ができない「ルテニウム錯体をカチオンとするイオン液体」のコンフィグレーション及びダイナミクスを、溶液NMRで解明することを目的とする。カチオン部にルテニウムを含むイオン液体{[Ru(C5H5)(C6H5R)]X; R=OCH(C4H9)2, OCH(C2H5)(C6H13); X=N(SO2CF3)2, N(SO2F)2}の物理的性質は、主にカチオンの側鎖置換基に由来することが知られている。これらのイオン液体の構成イオンの運動状態、及びイオン間のコンフィグレーションについての詳細な情報を得るために、我々は分子間の交差緩和速度測定を行った。その結果、上記の高粘度イオン液体の分子間距離(イオン間距離)について、X線データを一切使わずに見積もることに初めて成功した。これらのイオン液体の粘性度は、カチオン-アニオン間の分子間距離ではなく、カチオン側鎖の運動相関時間に大きく依存することが、本論文により明らかになった。本論文で得られた知見は、イオン液体の設計、合成、さらに溶液NMRの応用範囲を広げることに大いに貢献するものである。

2018

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001074407

NII著者ID(NRID)
  • 8000001186922
DOI (JaLC)

10.18952/00008703

DOI

info:doi/10.18952/00008703

本文言語コード

jpn

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

DOI

博士論文 / 電気通信大学 / 理学

博士論文 / 電気通信大学

博士論文 / 理学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位