【博士論文】学術データベース

博士論文 / Effects of gum chewing exercise on maximum bite force according to facial morphology 顎顔面形態別の最大咬合力に対するガム咀嚼訓練の効果

著者

書誌事項

タイトル

Effects of gum chewing exercise on maximum bite force according to facial morphology

タイトル別名

顎顔面形態別の最大咬合力に対するガム咀嚼訓練の効果

著者名

Shirai Manami

学位授与大学

徳島大学 (大学ID:0064) (CAT機関ID:KI000742)

取得学位

博士(歯学)

学位授与番号

甲第3196号

学位授与年月日

2018-05-10

注記・抄録

元資料の権利情報 : ©2018 The Authors. Clinical and Experimental Dental Research published by John Wiley & Sons Ltd.This is an open access article under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits use, distribution and reproduction in any medium, provided the original work is properly cited.

キーワード

Bite force, craniofacial morphology, gum chewing exercise

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001069271

NII著者ID(NRID)
  • 8000001197834
DOI (出版社)

10.1002/cre2.102

DOI

info:doi/10.1002/cre2.102

本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

DOI

博士論文 / 徳島大学 / 歯学

博士論文 / 徳島大学

博士論文 / 歯学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位