【博士論文】学術データベース

博士論文 / Pathological study on liver homeostasis and hepatotoxicity based on macrophage functions and autophagy in rats マクロファージ機能とオートファジーに基づいたラットの肝恒常性と肝毒性に関する病理学的研究

著者

書誌事項

タイトル

Pathological study on liver homeostasis and hepatotoxicity based on macrophage functions and autophagy in rats

タイトル別名

マクロファージ機能とオートファジーに基づいたラットの肝恒常性と肝毒性に関する病理学的研究

著者名

PERVIN MUNMUN

学位授与大学

Osaka Prefecture University (大阪府立大学) (大学ID:1083)

取得学位

博士(獣医学)

学位授与番号

甲第1836号

学位授与年月日

2018-03-31

注記・抄録

学位記番号:論獣第238号, 指導教員:山手 丈至

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001067620

NII著者ID(NRID)
  • 8000001197750
本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

博士論文 / 大阪府立大学 / 獣医学

博士論文 / 大阪府立大学

博士論文 / 獣医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位