【博士論文】学術データベース

博士論文 / 大正末期・昭和初期の農村部小学校における生活教育の展開―兵庫県古市尋常高等小学校の事例にもとづいて― The Development of Life Education in Rural Elementary Schools during the Late Taisho and Early Showa Periods

著者

書誌事項

タイトル

大正末期・昭和初期の農村部小学校における生活教育の展開―兵庫県古市尋常高等小学校の事例にもとづいて―

タイトル別名

The Development of Life Education in Rural Elementary Schools during the Late Taisho and Early Showa Periods

著者名

酒井達哉

学位授与大学

武庫川女子大学 (大学ID:2246) (CAT機関ID:KI003999)

取得学位

博士(教育学)

学位授与番号

甲第154号

学位授与年月日

2018-03-21

注記・抄録

本研究は大正末期から昭和初期の農村部小学校の生活と教育の結びつきの諸相を生活教育と捉え、その展開に注目し、その内実や特徴を、実践の背景とも関連づけて明らかにするものである。本研究で焦点を当てるのは、兵庫県古市尋常高等小学校(以下、古市校と表記)の事例であり、同校は、学校文集『芽生え』を早くから発行し、大正末期に俳句指導を教育実践の中に取り入れて、子どもの生活と教育を結びつけた独自の教育実践を展開した。また、昭和初期には、兵庫県の掲げた教育方針「生活教育の徹底」を具現化して、教科の枠組みの中で、その教科の内容の取り扱いや学習方法を子どもの実際の生活に即したものにするという「教科の生活化」を軸とした生活教育を展開した学校でもある。古市校においては、昭和初期のごく短期間には、「生活教育の徹底」を掲げた時期もあったが、むしろ、それを標榜しない、その相前後する時期に生活教育の注目すべき内実はあった。例えば、大正末期の俳句指導は、子どもが日々の生活を見つめ、ものの見方や感じ方を表現することを目指したという点で生活教育そのものであった。これらの生活と教育の結びつきの具体的なものを含めて生活教育と捉えられるべきである。本研究では、大正末期・昭和初期の生活教育における研究を補い、その時期に一般の農村部小学校において行われた、生活と教育の結びつきの具体的な姿を検討することによって、農村小学校において行われた生活教育の豊かな内実を明らかにし、そして、これまでのやや狭い生活教育の捉え方を越えて、それについての新たな知見を提供することができた。

2017

開始ページ : 1

終了ページ : 121

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001067375

NII著者ID(NRID)
  • 8000001197768
DOI (JaLC)

10.14993/00001235

DOI

info:doi/10.14993/00001235

本文言語コード

jpn

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

DOI

博士論文 / 武庫川女子大学 / 教育学

博士論文 / 武庫川女子大学

博士論文 / 教育学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位