【博士論文】学術データベース

博士論文 / Absolute lymphocyte count at the end of induction therapy is a prognostic factor in childhood acute lymphoblastic leukemia 寛解導入療法中のリンパ球絶対数は小児急性リンパ性白血病の予後因子となりうる

書誌事項

タイトル

Absolute lymphocyte count at the end of induction therapy is a prognostic factor in childhood acute lymphoblastic leukemia

タイトル別名

寛解導入療法中のリンパ球絶対数は小児急性リンパ性白血病の予後因子となりうる

学位授与大学

神戸大学 (大学ID:0054) (CAT機関ID:KI00063X)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第6722号

学位授与年月日

2016-09-25

目次

  1. 本文 / (D1006722.pdf)

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001051571

DOI

10.1007/s12185-015-1875-0

本文言語コード

eng

データ提供元

NDLデジタルコレクション

DOI

博士論文 / 神戸大学 / 医学

博士論文 / 神戸大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位