【博士論文】学術データベース

博士論文 / The endoplasmic reticulum stress transducer BBF2H7 suppresses apoptosis by activating the ATF5-MCL1 pathway in growth plate cartilage. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7は成長軟骨においてATF5-MCL1経路を活性化させアポトーシスを抑制する

著者

書誌事項

タイトル

The endoplasmic reticulum stress transducer BBF2H7 suppresses apoptosis by activating the ATF5-MCL1 pathway in growth plate cartilage.

タイトル別名

小胞体ストレスセンサーBBF2H7は成長軟骨においてATF5-MCL1経路を活性化させアポトーシスを抑制する

著者名

Soutarou Izumi

学位授与大学

広島大学(Hiroshima University) (大学ID:0062)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第6690号

学位授与年月日

2015-03-23

注記・抄録

元資料の権利情報 : © 2012 by The American Society for Biochemistry and Molecular Biology, Inc.

THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, VOL.287, NO.43, pp.36190–36200, October 19, 2012

http://doi.org/10.1074/jbc.M112.373746

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001048698

NII著者ID(NRID)
  • 8000001159618
本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

外部リンク

博士論文 / 広島大学 / 医学

博士論文 / 広島大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位