【博士論文】学術データベース

博士論文 / Concurrent analysis of human equilibrative nucleoside transporter 1 and ribonucleotide reductase subunit 1 expression increases predictive value for prognosis in cholangiocarcinoma patients treated with adjuvant gemcitabine-based chemotherapy. 胆道癌患者に対するGemcitabineを用いた術後補助化学療法においてhuman equilibrative mucleoside transporter 1およびribonucleotide reductase regulatory subunit M1発現の同時解析は予後の予測価値を高める

著者

書誌事項

タイトル

Concurrent analysis of human equilibrative nucleoside transporter 1 and ribonucleotide reductase subunit 1 expression increases predictive value for prognosis in cholangiocarcinoma patients treated with adjuvant gemcitabine-based chemotherapy.

タイトル別名

胆道癌患者に対するGemcitabineを用いた術後補助化学療法においてhuman equilibrative mucleoside transporter 1およびribonucleotide reductase regulatory subunit M1発現の同時解析は予後の予測価値を高める

著者名

Sasaki Hayato

学位授与大学

広島大学(Hiroshima University) (大学ID:0062)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第6654号

学位授与年月日

2015-03-23

注記・抄録

元資料の権利情報 : Copyright (c) by Author

British Journal of Cancer, 111(7), 1275–1284, Sep 2014

https://doi.org/10.1038/bjc.2014.399

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001048822

NII著者ID(NRID)
  • 8000001159623
本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ, NDLデジタルコレクション

外部リンク

博士論文 / 広島大学 / 医学

博士論文 / 広島大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位