【博士論文】学術データベース

博士論文 / The USP21 short variant (USP21SV) lacking NES, located mostly in the nucleus in vivo, activates transcription by deubiquitylating ubH2A in vitro USP21の短い変異体はNESが欠失しており、in vivo では核内に多く存在し、in vitro でubH2Aを脱ユビキチン化することによって転写を活性化する

著者

書誌事項

タイトル

The USP21 short variant (USP21SV) lacking NES, located mostly in the nucleus in vivo, activates transcription by deubiquitylating ubH2A in vitro

タイトル別名

USP21の短い変異体はNESが欠失しており、in vivo では核内に多く存在し、in vitro でubH2Aを脱ユビキチン化することによって転写を活性化する

著者名

Okuda Hiroshi

学位授与大学

広島大学(Hiroshima University) (大学ID:0062)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第6554号

学位授与年月日

2015-01-22

注記・抄録

元資料の権利情報 : © 2013 Okuda et al. This is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.

Citation: Okuda H, Ohdan H, Nakayama M, Koseki H, Nakagawa T, et al. (2013) The USP21 Short Variant (USP21SV) Lacking NES, Located Mostly in the Nucleus In Vivo, Activates Transcription by Deubiquitylating ubH2A In Vitro. PLoS ONE 8(11): e79813

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0079813

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001048832

NII著者ID(NRID)
  • 8000001159601
本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ, NDLデジタルコレクション

外部リンク

博士論文 / 広島大学 / 医学

博士論文 / 広島大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位