【博士論文】学術データベース

博士論文 / Neogenin, defined as a GD3-associated molecule by enzyme-mediated activation of radical sources, confers malignant properties via intracytoplasmic domain in melanoma cells Enzyme-mediated Activation of Radical Sources法を用いてGD3関連分子として同定したNeogeninは細胞内ドメインを介してメラノーマ細胞の悪性形質を増強する

著者

書誌事項

タイトル

Neogenin, defined as a GD3-associated molecule by enzyme-mediated activation of radical sources, confers malignant properties via intracytoplasmic domain in melanoma cells

タイトル別名

Enzyme-mediated Activation of Radical Sources法を用いてGD3関連分子として同定したNeogeninは細胞内ドメインを介してメラノーマ細胞の悪性形質を増強する

著者名

Kaneko Kei

著者名

金子慶

学位授与大学

名古屋大学 (大学ID:0043) (CAT機関ID:KI000491)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第11668号

学位授与年月日

2017-02-28

注記・抄録

主論文ファイル公開2017年12月8日

Kei Kaneko.Neogenin, Defined as a GD3-associated Molecule by Enzymemediated Activation of Radical Sources, Confers Malignant Properties via Intracytoplasmic Domain in Melanoma Cells.THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY.2016.VOL.291 NO. 32. pp. 16630–16643.©the American Society for Biochemistry and Molecular Biology.

目次

  1. 本文 / (甲11668.pdf)

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001045482

NII著者ID(NRID)
  • 8000001120721
  • 8000001120722
DOI

10.1074/jbc.M115.708834

本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

外部リンク

DOI

博士論文 / 名古屋大学 / 医学

博士論文 / 名古屋大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位