博士論文 - 学術データベース

Tanaka Keiko - 岡山大学 博士(医学) - 動脈スティフネスは経皮的腎生検後の貧血進行の独立したリスク因子である

  1. 岡山大学 (12501)
  2. 博士(医学) (8831)
  3. Tanaka Keiko

この論文にアクセスする

書誌事項

タイトル

Arterial Stiffness Is an Independent Risk Factor for Anemia After Percutaneous Native Kidney Biopsy

タイトル別名

動脈スティフネスは経皮的腎生検後の貧血進行の独立したリスク因子である

著者名

Tanaka Keiko

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第5575号

学位授与年月日

2017-06-30

注記・抄録

PubMed番号 : info:pmid/28531895

元資料の権利情報 : https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja

プレビュー画像

Tanaka Keiko - 岡山大学 博士(医学) - 動脈スティフネスは経皮的腎生検後の貧血進行の独立したリスク因子である - 博士論文 - プレビュー画像

各種コード

NII論文ID(NAID)
500001037178
NII著者ID(NRID)
  • 8000001144511
本文言語コード
  • eng
大学ID

0061

CAT機関ID

KI00071X

データ提供元
  • 機関リポジトリ
  • NDLデジタルコレクション

岡山大学 博士(医学) - 博士論文

博士論文をもっと見る

大学

大学をもっと見る

学位

学位をもっと見る