博士論文 - 学術データベース

中野 学 - 弘前大学 博士(保健学) - UDP/P2Y6受容体によるヒト好塩基球IgE依存性脱顆粒反応の調節

  1. 弘前大学 (3435)
  2. 博士(保健学) (65)
  3. 中野 学

この論文にアクセスする

書誌事項

タイトル

UDP/P2Y6 receptor signaling regulates IgE-dependent degranulation in human basophils

タイトル別名

UDP/P2Y6受容体によるヒト好塩基球IgE依存性脱顆粒反応の調節

著者名

中野 学

学位授与大学

弘前大学

取得学位

博士(保健学)

学位授与番号

甲第069号

学位授与年月日

2017-03-23

注記・抄録

細胞外ヌクレオチド受容体であるP2Y受容体は、Gタンパク共役型受容体である。細胞外ヌクレオチドの刺激は、P2Y受容体を介しcAMP産生、PKC活性化や細胞内Ca2+濃度上昇を誘導することで、細胞機能を調節する。P2Y受容体ファミリーであるP2Y6受容体は、UDPを特異的アゴニスト、MRS2578を特異的アンタゴニストとする。好塩基球の脱顆粒は、アレルギー反応を誘導することで知られている。本研究では、好塩基球の脱顆粒反応に対するP2Y6受容体の作用について検討した。ヒト好塩基球は、P2Y6受容体mRNAを発現しており、UDP刺激により細胞内Ca2+濃度の上昇が誘導された。また、UDP刺激による細胞内Ca2+濃度の上昇はMRS2578により抑制され、好塩基球に発現しているP2Y6受容体が、細胞内にシグナル伝達していることが示唆された。UDPは、単独刺激では好塩基球の脱顆粒を誘導しないが、IgE依存性脱顆粒を促進した。この結果から、好塩基球のIgE依存性脱顆粒の調節にP2Y6受容体が関与していることが考えられた。好塩基球の培養上清からUTPが検出され、好塩基球でENTPDase mRNAが発現していることを確認した。これらの結果から、好塩基球がオートクラインにより、P2Y6受容体を刺激していることが考えられた。実際、MRS2578存在下で培養した好塩基球は、抗IgE抗体の刺激による脱顆粒が誘導されず、この抑制効果は経時的に増強された。本研究の結果、好塩基球はオートクラインによりP2Y6受容体を刺激し、IgE依存性脱顆粒を促進している可能性が示唆された。また、MRS2578によるIgE依存性脱顆粒を抑制したことから、アレルギー症状の緩和治療のターゲットとしてP2Y6受容体は有用であると考える。

プレビュー画像

中野 学 - 弘前大学 博士(保健学) - UDP/P2Y6受容体によるヒト好塩基球IgE依存性脱顆粒反応の調節 - 博士論文 - プレビュー画像

各種コード

NII論文ID(NAID)
500001033699
NII著者ID(NRID)
  • 8000001135172
本文言語コード
  • en
大学ID

0008

CAT機関ID

KI000083

データ提供元
  • 機関リポジトリ
  • NDLデジタルコレクション

弘前大学 博士(保健学) - 博士論文

博士論文をもっと見る

大学

大学をもっと見る

学位

学位をもっと見る