【博士論文】学術データベース

博士論文 - Munkhzaya Munkhsaikhan - 徳島大学(医学) - 生後早期のラットでは免疫ストレスによるLH分泌抑制反応が確立されていない

書誌事項

タイトル

The suppressive effect of immune stress on LH secretion is absent in the early neonatal period in rats

タイトル別名

生後早期のラットでは免疫ストレスによるLH分泌抑制反応が確立されていない

著者名

Munkhzaya Munkhsaikhan

学位授与大学

徳島大学 (大学ID:0064) (CAT機関ID:KI000742)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第3023号

学位授与年月日

2017-03-23

キーワード

LPS Cytokines Stress Hyporesponsive period HPG axis

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001033577

NII著者ID(NRID)
  • 8000001130709
本文言語コード
  • eng
  • ja
データ提供元
  • 機関リポジトリ (徳島大学)
  • NDLデジタルコレクション
Munkhzaya Munkhsaikhan - 徳島大学(医学) - 生後早期のラットでは免疫ストレスによるLH分泌抑制反応が確立されていない - 博士論文 - プレビュー画像

徳島大学(医学) - 博士論文

医学 - 博士論文