【博士論文】学術データベース

博士論文 / Clinicopathological Significance of LAT1 and ASCT2 in Patients With Surgically Resected Esophageal Squamous Cell Carcinoma 食道扁平上皮癌手術症例におけるLAT1およびASCT2発現の臨床的意義

著者

書誌事項

タイトル

Clinicopathological Significance of LAT1 and ASCT2 in Patients With Surgically Resected Esophageal Squamous Cell Carcinoma

タイトル別名

食道扁平上皮癌手術症例におけるLAT1およびASCT2発現の臨床的意義

著者名

本城裕章

著者名

ホンジョウ ヒロアキ

著者名

Honjo Hiroaki

学位授与大学

群馬大学 (大学ID:0018) (CAT機関ID:KI000196)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第1628号

学位授与年月日

2017-03-23

注記・抄録

学位記番号:医博甲1628

キーワード

Immunohistochemistry, esophageal cancer, LAT1, ASCT2, prognostic factor

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001033522

NII著者ID(NRID)
  • 8000001139444
  • 8000001139445
  • 8000001139446
本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

博士論文 / 群馬大学 / 医学

博士論文 / 群馬大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位