【博士論文】学術データベース

博士論文 / Retrocolic or Antecolic Roux-en-Y Reconstruction after Distal Gastrectomy : Which Is More Effective in the Prevention of Postoperative Gastroesophageal Reflux Disease? 幽門側胃切除後の逆流性食道炎の予防に関してRoux-en-Y再建における結腸後経路と結腸前経路の比較検討

著者

書誌事項

タイトル

Retrocolic or Antecolic Roux-en-Y Reconstruction after Distal Gastrectomy : Which Is More Effective in the Prevention of Postoperative Gastroesophageal Reflux Disease?

タイトル別名

幽門側胃切除後の逆流性食道炎の予防に関してRoux-en-Y再建における結腸後経路と結腸前経路の比較検討

著者名

平田明裕

著者名

Hirata Akihiro

学位授与大学

名古屋大学 (大学ID:0043) (CAT機関ID:KI000491)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第11961号

学位授与年月日

2017-04-28

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001032893

NII著者ID(NRID)
  • 8000001134781
  • 8000001134782
本文言語コード

en

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

外部リンク

博士論文 / 名古屋大学 / 医学

博士論文 / 名古屋大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位