【博士論文】学術データベース

博士論文 / Early Postoperative Magnetic Resonance Imaging in Detecting Radicular Pain After Lumbar Decompression Surgery Retrospective Study of the Relationship Between Dural Sac Cross-sectional Area and Postoperative Radicular Pain(腰椎除圧術後の神経根痛を検出する術後早期MRI画像硬膜管横断面積と術後神経根通の関連についての後ろ向き研究)

著者

書誌事項

タイトル

Early Postoperative Magnetic Resonance Imaging in Detecting Radicular Pain After Lumbar Decompression Surgery Retrospective Study of the Relationship Between Dural Sac Cross-sectional Area and Postoperative Radicular Pain(腰椎除圧術後の神経根痛を検出する術後早期MRI画像硬膜管横断面積と術後神経根通の関連についての後ろ向き研究)

著者名

二木俊匡

学位授与大学

信州大学(Shinshu university) (大学ID:0040)

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第1078号

学位授与年月日

2016-03-31

注記・抄録

雑誌に発表。CLINICAL SPINE SURGERY. : (2016); doi:10.1097/BSD.0000000000000342.

PubMed番号 : http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?CMD=search&DB=pubmed&term=26584199

元資料の権利情報 : This is a non-final version of an article published in final form in (Clinical Spine Surgery. 24(1):17–23, JUL 2016).

各種コード

NII論文ID(NAID)

500001032547

NII著者ID(NRID)
  • 8000001127539
DOI (出版社)

10.1097/BSD.0000000000000342

DOI

http://dx.doi.org/10.1097/BSD.0000000000000342

本文言語コード

eng

データ提供元

機関リポジトリ / NDLデジタルコレクション

外部リンク

DOI

博士論文 / 信州大学 / 医学

博士論文 / 信州大学

博士論文 / 医学

関連著者

博士論文 / 大学

博士論文 / 学位